読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える人 2017年02月号「ことばの危機、ことばの未来」

考える人 2017年 02 月号 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/12/26 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (4件) を見る 特集が気になって、刷新後初めて購入。 色々なところで書かれているように、執筆陣がありがちな人選で内容も薄くなってしまっていた…

「SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。」

2017年2本目 「ピアノが愛した」というよりも、「ピアノに取り憑かれた」とでも言った方がふさわしいような 狂気じみた矢野顕子を見ることが出来る。 なんとか録り終えた「それだけでうれしい」を確認している時の表情は、 子供を産み出す母親のようで涙が溢…

「老舗の流儀 虎屋とエルメス」黒川光博、齋藤峰明

老舗の流儀 虎屋とエルメス 作者: 黒川光博,齋藤峰明 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/10/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 2017年1冊目 尊重し合っているお二人の対談形式のため、 どうしても説教っぽく聞こえてしまうし、矛盾してい…

型にはまらない人生

in Viet Nam 「お互い楽しい人生を歩んでいこう」。 その言葉を気兼ねなく言える友人はかけがえのない存在だ。 ともすれば不満や後悔の念があふれ出しかねない30代の集い。 でもこの日は、互いにその人らしい人生を歩み、さらに磨きをかけようとする友人たち…

「この世界の片隅に」片渕須直

2017年1本目 寝る間を遮られるように空襲があり、日を追うごとに貧しくなっても、あるもので工夫し、日々を楽しもう、生きようとする姿勢。 男達が戦いに飲み込まれる一方、蚊帳の外の女達は、目の前の生活を守り抜こうとひたむきに前を向く。 だからこそ、…

2016年読んだもの観たものなど

読んだ本 23冊 永い言い訳/ことり/昨夜のカレー、明日のパン/土佐堀川/リアル行動ターゲティング/異類婚姻譚/死んでいない者/悲しみの秘儀/東京という主役/乳房の文化論/結婚式のメンバー/私のなかの彼女/へろへろ/断片的なものの社会学/vanitas002/物流ビジ…

「建築家の清廉 - 上遠野徹と北のモダニズム」(建築ジャーナル)

建築家の清廉―上遠野徹と北のモダニズム (建築家会館の本) 作者: 上遠野徹,上遠野徹と漸進する会 出版社/メーカー: 建築ジャーナル 発売日: 2010/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 2016年23冊目 目利きで関心の幅が広い広島の専門店のオーナ…

正反対の夢

in Sri Lanka 知らない人と結婚していてセックスする夢を見た。 決して幸せな内容ではなかったけれど、なんだかいたたまれない気持ちに。 彼の枕元に近づくと、「今***(私のこと)の夢見てた」。 二人で街をデートした帰り、寒いから私は電車で、彼はバ…

「レナードの朝」ペニー・マーシャル(1990、米)

2016年22本目 何と言ってもセイヤー医師役のロビン・ウィリアムズのとろけるような優しい笑顔が印象的。 人付き合いが苦手で、臆病で、でも誠実で。すぐそこに存在するかのようなリアリティだった。 ロバート・デニーロはもう怪演と言っていいほど。 2人の…

性の価値観

in Viet Nam ジュネーヴで働く友人が帰省してきた。 今回特に話したのは、性に対する価値観の違い。 貞操を重んじる日本とは違い、「生涯一人の人となんて満足できない」と正当化して奔放な性生活を送る人も多いのだとか。 考え始めると分からなくなる。 生…

「めまい」アルフレッド・ヒッチコック(1958年、米)

2016年21本目 宇多丸の「ゴーンガール」評を聞いて、是非観てみたいと思っていた「めまい」。 「幻想しか愛せない男と幻想の中でしか愛されない女」と表現するならば、 「めまい」は別の女性であって欲しかった。 別の女性に理想の女性の幻想を重ね合わせて…

交わらない日々

in Sri Lanka 民放のバカみたいなバラエティ番組が嫌だ せっかくの料理を丁寧に味わわないのが嫌だ 携帯ばっかり触っているのが嫌だ ・・・ 久しぶりに二人きりでゆっくり過ごせるはずが、 一人きりの時と大して違わなかったことに腹が立っている。 苛立つ時…

「となりのイスラム」内藤正典(ミシマ社)

となりのイスラム 世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代 作者: 内藤正典 出版社/メーカー: ミシマ社 発売日: 2016/07/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 2016年22冊目 「問題は英国ではない、EUなのだ」エマニュエ…

美しくて聡明な人

聡明でありたい。そして、佇まいが美しくありたい。 常日頃からそう思っていて、そう思える知人がいる。 白くて逆三角形の美しい手が、彼女の顔をレフ板のように明るく照らす。 清涼感のある声色で繰り出される毒舌。 この日も覚えておきたいキーワードが沢…