読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。」

映画

f:id:sinsint_sk:20170115220510j:plain

2017年2本目

「ピアノが愛した」というよりも、「ピアノに取り憑かれた」とでも言った方がふさわしいような

狂気じみた矢野顕子を見ることが出来る。

なんとか録り終えた「それだけでうれしい」を確認している時の表情は、

子供を産み出す母親のようで涙が溢れてきた。

素晴らしいものを作り出す人の生みの苦しみ、そしてその尊さがひしひしと伝わってくる。

結婚指輪を外すシーンは何気ないけれど、この人は母であり妻なんだと改めて実感させられる。

むくんじゃって外れなくて苦笑するところがとても色っぽい。

谷川俊太郎が「実生活が華々しいのに、ちゃんと生きている感じがする」というようなことを言っていて同感。

矢野顕子の歌詞や音楽性は、ともすれば滑稽に見えてしまうけれど、

説得力や母性を感じさせるのは、彼女がしっかり生活しているからなのだと思う。

どこまでも昇りつめていきそうな野生的な準備運動の片鱗は、この動画の最後でも見られる。


Akiko Yano & Michiko Shimizu - Hitotsudake